低いハードルを設置せよ

おはようございます!

今日は習慣化のコツを一つシェアしますね。

「小さいことをコツコツと進める」

これは、あなたも聞いたことが
あるかもしれませんね。
 

最初から大きいことを目指して
行動するとなかなか達成できない。

だからそれが続かない原因となる
ケースが多いです。

 

おっしゃ、明日から走ろう!
10km走ろう!そのために、
ジョギングシューズを買ったりと
形から入ってみたり・・・

 

ほとんど使わずに、タンスの肥やしに
なっていること、よくありますよね。

 

なので、毎日やるハードルをさげます。

 

走りたいなら、靴を履いて、家に外に出る。

 

これだけは必ずやると決めます。

 

それならがんばれますよね。

 

そして、よく言われている間違いは、

そのハードルはすぐにできるけど、
その先はやらないのがコツ。

こういうことを言う人が結構います。

まずは、1km走ったら、
それ以上できそうでも止めて、
帰宅してください。と。

 

これは間違っています。

 

1km走った時に、
もっと走りたいと思ったら走る。
帰りたいと思ったら、帰る。

 

スクワットも1回だけやるって決めて、
1回終わった時にもうちょい
やりたければもうちょっとだけやる。

 

最初の低いハードルは先に決めておきますが、
そのさきはその時の気分で決めればOKです。

 

こうすれば、低いハードルを達成した時に、
「作業興奮」が発生します。
クレペリンという心理学者が発見した心理現象です。

 

何か初めて、行動し始めると興奮していくので、
気づいたら続けたくなるのです。

 

これを利用し、継続させるというもの。

 

まずは引くハードルを達成させ、
達成したあとに続けるかをその時の気分で決める。

 

是非、何かで実験してみてください。

面白いように習慣化していけます。

 

アディオス!!

- 追伸 -
↓【期間限定】ワークショップ開催中↓


↓メルマガ「俺の人生戦略会議」配信中↓

↓最新動画配信中↓

PAGE TOP