起業に伴うビジネスプラン・商品構築について

起業したいけど何をしたらいいかわからない・・・

そんな声をよく聞きます。うん、本当によく聞きます(笑)

学校じゃ教えてくれないし、
もちろん会社でそんな話ができる環境はなかなかないですよね。

まずはじめにすべきことはどの分野で起業をするか?です。
ビジネスプランを決定せねばなりませんね。

これをどう考えていけばよいかを解説しますね。 

  

まずはあなたに関して、この5つを考えて見てください。             

①あなたの人生において経験があること
②あなたの得意なこと
③あなたの人生で実現したいこと
④あなたの好きなこと
⑤社会にニーズがあること

図解してみました。

できるだけ、この5つが全て満たされているものが理想です。

一つでも欠けるとうまくいかない可能性が高くなります。

詳しくみていきましょう。

①あなたの人生において経験があること

当たり前ですが、経験したいことがないことより、
人生において少しでも経験してきたことであることが
起業して失敗しないための近道です。

今までやったことがあることで、人に喜ばれたり、
誰かの役に立ったことを、ちっちゃなことでもいいので、
書き出してみましょう。

何か共通していることが出てくるはずです。
その共通している要素を見言い出して、
ビジネスプランに組み込みたいですね。

僕の場合は、沢山ある中で
「塾の講師、家庭教師、乗馬クラブでのインストラクター、後輩へのダンス指導」が
共通して”教えること”でした。

教えて感謝されることが多かったので、
この場合、何か教えることをビジネスにしようと思いました。

そんな些細な事でもかまわないんです。

人生を振り返ると、あなたのビジネスプランを
決定するヒントは沢山隠されていますからね。

 

②あなたの得意なこと

①の共通していることを見言い出すと、
自然と得意なことになっている場合が多いですが、
これも必ず書き出してみてください。

これも些細な事でいいです。

人よりずば抜けてとかなるとなかなか出てこないものですが、
自分で人より少しは得意かな、と思うことでOKです。

例えば、足が速い、早起きが得意、料理が得意、
ナンパが得意、絵が上手い、人前でしゃべるのが得意、
笑かすのが得意、、、等々、

なんでもいいので沢山書き出してみてくださいね。

強みを活かすことが成果を生み出す最大の戦略ですから。

 

③あなたの人生で実現したいこと

これはとても重要な部分です。あなたは何のために起業したいのか?と通ずる部分です。

・自由になりたいから
・稼ぎたいから
・人にスゴいって言われたいから

等々、色々あると思うのですが、
これらのような自分ベクトルだけの動機や目的なら、とても危険です。

動機や目的としては弱すぎるからです。

 

もちろんエゴ的な動機も重要なので、
無視する必要はなく、それも大切にしてください。

ただエゴ的な動機があると同時に、
他者への貢献のベクトルも確率してください。

短い人生の中で、何を実現したいのか?
自分のためだけに生きていても何も実現できません。

何の価値もありません。

人生を豊かに生きるためには他者への貢献が必須です。

あなたの人生を、誰かのためになる人生にしてください。

ここの思想は今後のビジネスにおいて、また、
あなたの人生において大きく密接し絡み合っていきます。

あなただけが特をするような人生やビジネスは、
誰も応援したくありませんし、
そんな人から買いたくないし、
できれば、関わりたくないですよね?

あなたの人生で実現したいことは何でしょうか?
誰かのためになる、そのための起業という一つのツールであるように
ビジネスプランの設計していきましょう。

 

④あなたの好きなこと

これも絶対に外せないことです。
好きなことでないと絶対に続かないからです。

そして、好きというのは何よりも強いモチベーションになります。

得意なことより、好きなことの方が長期的に見ると重要です。

好きこそものの上手なれという言葉があるように、
好きであれば得意にも変わりますし、継続できます。

あなたがお金を貰わなくてもやりたいと思うことを書き出してみましょう。

例)海外旅行、カラオケ、文書を書く、人と話す、コミュニティーに参加する、人前で喋る

 

⑤社会にニーズがあること

どうしても人は自分目線だけで物事を考えてしまいます。

①~④は自分目線ですね。これも必要ではありますが、
この社会にニーズがあるかというのは相手目線の話になります。

マーケティング用語ではマーケットイン思考ともいいます。

(①~④を考えるのはプロダクトアウト思考といいます)

いくら自分の得意や、好きが組み込まれた商品でも
社会にニーズがなければ買ってもらえませんよね。

どうすれば社会にニーズがあるかを確認できるか。

これは、ターゲットの見込み客に
ヒアリングすることが重要です。

どんなことで悩んでいるか、困っているか、
それを解消するならいくらいくらい投資できるか?

なぜ解決したいのか、いつまでに解決したいか?等々です。

ビジネスで重要なことは人に会いまくって、
情報を得ることです。そうすれば道開けていきます。

これらをしっかり書き出すことで、
ビジネスプランや商品アイディアの方向性は決まっていきます。

 

是非書き出してみて、僕に送ってくださいね!

- 追伸 -
↓【期間限定】オンライン勉強会開催中↓

↓メルマガ「俺の人生戦略会議」配信中↓

↓最新動画配信中↓

PAGE TOP