自分軸 vs 他人軸

おはようございます!

昨日、「思考の習慣」ってなんですか?
という質問をブログの読者の方から
いただきました。
嬉しいですよね、質問いただけるって。
武田紘志へのご質問はこちらから

 

ざっくりした質問なので、
これを解説するには、少なくとも2時間の
セミナーが必要ですが(笑)、

わかりやすい事例があるのでシェアします。

 

これは、ブレイクスルー(習慣化)プログラムの
グループページでのやり取りの一部。

思考の習慣に気づいていくために、
感情の変化をシェアするトレーニングが
あるのですが、一人のメンバーさんがしてくれた
「会社で休みを申請するのにドキドキしました」
というシェア。

「なんでドキドキしたの?」と聞くと、

気になりますよね〜
僕も人の目をめちゃくちゃ気にして
生きてたから、気持ちは痛いほど
よくわかります。

 

そりゃ、よく思わせたいよね笑

 

そう、成果をだしやすい傾向の思考の習慣と、
成果をだしにくい傾向の思考の習慣があって、

 

これは一例ではありますが、
他者の目や他者の評価ばかり気にして
言動していると、どうしても、
他人の判断軸、価値基準軸になる。

 

そうするとやはり自分軸での強い
エネルギーというのは生まれくいし、
そうなると、行動量が減ったり、
影響力が下がったりします。

自分のやりたいことも見失ったり、
思考停止状態に陥りやすくなる。

 

また、これは、
その人から感じるオーラとか、
世界観にも影響があります。

 

簡単に平べったく言うと、
自分に自信がありそうな人って、
他人に左右されたりしなそうですよね?

自分軸で生きていそうですよね?

 

「じゃ、どうやってその思考の習慣って
変えて行ったらいいの?」

 

まずは、他人軸であることを
自覚していくことから。

 

他人軸で生きることが習慣化されてると
無自覚でやってしまっているので
変えようがないですからね。

 

そのためにメタ認知は非常に有効な
手段で、自分の中に変革がおきます。

 

ブッタも、
まずは「観察しなさい」といいます。

呼吸を観察する。
感情を観察する。
身体を観察する。

外的刺激に対して、無自覚な反応を
自覚化していく。

7つの習慣にも似たようなことが
書いてあった気がします。

 

「習慣化」っていうテーマは
本当に奥が深いんです。

 

是非、「自分を観察」して
みてくださいね。

- 追伸 -
↓【期間限定】オンライン勉強会開催中↓

↓メルマガ「俺の人生戦略会議」配信中↓

↓最新動画配信中↓

PAGE TOP