習慣化したい行動のあなたの”快”を探してみてっ!

おはようございます!
習慣化のコツの一つは、
「快」を散りばめること。

 

僕は、朝起て二度寝したい時に、
これをイメージします。

人は、快のためなら動けます。

 

毎朝7時にスタバに行きます。
(7:30@スタバ茶屋町店なう)

店員さんが
「今日もソイラテ、ベンティサイズですか?(笑顔)」
と聞いてくれます(笑)

 

僕は真夏でも、
ソイラテベンティーホット。
※カラダに取り入れるものは夏でも
できるだけ、
温かいものを!

 

これが大好きなので、
朝、起きづらいときは、

「朝から大好きなソイラテを飲みながら、
スタバで仕事をしているイケてる俺」

をイメージします。

 

これを「快のトリガー」と言って、
行動したくないときに、この
トリガーを押すと、簡単に行動
できるようになります。

 

不快のために動くには”意思力”を
消耗しなければなりません。

 

意志力というのはガソリンの様な
もので、睡眠をしっかり取ると、
朝は満タンなんですが、

意志力を使うと徐々に
減っていき、途中でガス欠になります。

 

「快のトリガー」を引いて行動すると
この意志力に頼る必要はなくなります。

 

例えば、ジムに行くって決めている日。

決めていても、だんだん、嫌になって
くる時ありますよね。

さって、面倒ですもん。
着替えるのも、そこに行くのも。

できれば行きたくないんですよね。
僕もできれば家でゴロゴロしていたい。

 

そんな時には、ジムにいった際の
快を明確にしておいて、それを
想像することで、快のトリガーが
引くことができます。

 

僕の場合は、筋トレ後のパンプアップ
したカラダや(ナルシズム!)、

運動中に感じるアドレナリンの上昇に
よる、やる気に満ちるあの感覚、

アドレナリンが落ち着いた後に
感じる爽快感、達成感。

 

こういう自分を想像します。

 

もう一つあります。

 

「不快のトリガー」です。

ジムに行かずに、サボり続けた結果、
ブヨブヨになった自分のカラダ。

サボってしまったと、後悔する自分。

行くって決めてたのに、行けなかった
自分を責めて、自信がなくなって
しまう自分・・・。

 

こちらからのアプローチも可能です。

 

習慣化したい行動の「快」と「不快」を
明確にしておき、

その行動の直前にそれを感じるように
すると、怠惰な自分もうまく
動かせるようになります。

 

是非トライしてみてくださいね!

 

-追伸-
習慣化メール講座(無料)を
今作成しております。

完成したらメルマガで
お伝えしますね!!

メルマガ登録はこちら
⇒ https://goo.gl/H4hJXi

- 追伸 -
↓【期間限定】ワークショップ開催中↓


↓メルマガ「俺の人生戦略会議」配信中↓

↓最新動画配信中↓

PAGE TOP