学習性無力感がキミを蝕む(むしばむ)

すげぇ怖いタイトルをつけてみた(笑)

 

何度も何度も失敗ばかりを繰り返したり、
無意識に「俺はダメだ・・・」と
自分を卑下し続けたりして、

「どうせできないだろう」とやる前から、
失敗をイメージして、
何も始められないことを心理学では
”学習性無力感”という。

 

「明日から、毎日走ろう!」と決めたのに、
結局先延ばしにして、全然続かない。

早起きや、ダイエットでもこういったこと、
よくあると思います。

 

頻繁してこういうことが起こると、
「どうせ続かないから」とか、
「俺は怠惰で怠け者だから」とか、

できないできないと、
自分のセルフイメージが
「できない自分」になってしまいます。

 

するとますますできなくなるわ、
行動は遅いわ、挑戦はしないわ、、、

 

僕のサラリーマン時代を象徴して
いるかのようです。笑

 

そして気合いでなんとか
しようとすると、どんどん
どツボにはまってドッピンシャ
↑ここ大きくする必要ないか笑

 

その学習性無気力感から脱するのは簡単。
誰でもできます。

①小さすぎる成功体験を毎日積む
②そのために強制力をもたせる
たったこれだけです。

 

どうやって小さすぎる成功体験を積むのか?

 

 

継続って難しいですよね。
僕も本当に苦手です。

 

でも習慣化で継続は可能です。

人は感情の生き物です。
何か行動を起こすには、報酬が必要です。

要は快のトリガーが必要です。

 

僕がやっているブレイクスループログラムでは、
習慣化のトレーニングを「早起き」という
行動を例にして体感していってもらいます。

 

朝起きたときに眠い中、スッと起きるには、
快を与えることが重要です。

 

起きた瞬間に、快をイメージできると
すぐに行動に移せるようになります。

 

僕の場合は、
「青汁、酵素ドリンク、大豆たんぱく、ミトコンドリア」
を摂取するという行動が快なので、
それをイメージします。
それが快なの?こいつ変態だなという声は無視します笑

ほんとみんな簡単に起きれるようになるのですが、
これを例にいろんなことに対して、
快を与え、習慣化させていきます。

 

気づいたら歯磨きみたいに、
やらないと気持ち悪いくらいまでに
もっていきます。

 

そうなれば快がなくても、
意志の力がなくても、
継続できるようになるんですね。

 

習慣化のコツを覚えれば
色々なことに転用できるので便利ですね。

- 追伸 -
↓【期間限定】オンライン勉強会開催中↓

↓メルマガ「俺の人生戦略会議」配信中↓

↓最新動画配信中↓

PAGE TOP