どうやって「人の目が気になる…」を克服したか?

今日は、ちょっと長くなるけど、コラムを書こうと思う。
というのも、俺の塾生や、勉強会に来てくれた人で、こんな悩みを持っている人が多いから。

「人の目が気になって発信できない」
「人になんて言われるか不安」
「批判されるんじゃないか・・・」

この気持ち、実はよ〜くわかる。

なぜなら、俺もそういう感覚だった時があったし、今でもそう思うことがあるから。

俺の場合、Facebookやブログで発信する時に、
「コンサル的なことをやっていることを発信すると怪しいと思われるんじゃないか?」
「海外で遊んでる姿をアップしたら、調子乗ってると思われるかも」
「コメントやいいねが少ないとショボいって思われるかな」

そんなことを真剣に考えて、俺も以前、自分をさらけ出すことができなかった。

俺は特に人と比べてそういう感覚が強かったんだと思う。

カッコつけで、いいように見られたい気持ちが強いし、本当の自分をさらけ出すのは怖いという弱い自分がいた。

そういえば、サラリーマンをしていたときもそうだった。

ダンスをやってることもあまり言えなかったし、週末クラブに遊びに言ってるとか、ほぼ黙ってたな。

なんか「マジメぶらないと」と思っていたし、そうすることで、評価が良くなると勘違いしていたから。

さらけ出すことで、批判されるのが怖かったんだと思う。

 

これ日本人特有なんじゃないかな。

出る杭は打たれるとかいうことわざ?があるくらいだし(笑)

辞書によると、
1 才能・手腕があってぬきんでている人は、とかく人から憎まれる。
2 さし出たことをする者は、人から非難され、制裁を受ける。

 

笑える(笑)

 

22歳のときに、LAに初めて行ったときに、こんなことを強く感じた。

 

「俺はなんて人の目を気にして生きてきたんだ!?」って。

 

 

アメリカでは、個人の個性が尊重される文化。
そして「人との違いが強み」で、伸ばすべきところとされる。
(俺の感覚やし合ってるかしなんけど、俺はそう感じた)

日本では、みんなと同じように言動することが良しとされる教育。

みんなと同じような格好をして、目立たないようにすると、◎がもらえた。

 

だからアメリカに居たとき、「この感覚、なんて心地がいいんだ!?」って思った。

 

人の目なんか誰も気にしちゃいない、みんな自由にしてるし、それが普通。

 

これがめちゃくちゃ心地よかったんだよね。

だから俺は海外旅行が好きで、毎月海外に行ってその感覚をリセットしたいと企んでる。

 

で、LAでその自由な感覚を手に入れて、俺は日本に帰ってきた。

帰国後、最初はよかったんだけど、だんだん、気がついたら人の目を気にする人格に戻っていった。

 

これ結構、ストレスなんだよね、逆の感覚を知ってるだけに。余計に。

 

だから独立してからも、自分をさらけ出すことって、全然できなかった。

 

でも、今は、ブログやFBで言いたい放題書いてる(笑)

じゃどうやってそれができるようになったかって話を伝えれたらと思ってコラムを書こうと思ったわけ。

 

結論からいうと、これ、トレーニングが必要。

周りの目を全く気にしないって人たまにいて、
そういう人にはなんてことない話なんだけど、
気にするタイプの人は、情報発信ってマジで抵抗感あるよね。

 

でも、どう思われるかな?ばっかり考えながらのブログとか情報発信って、なんかおもんないし、当たり障りないし、読みたい気になる文章にならない。

まぁそれも含め、周りの目を気にしなくなれるってのはメリットってたくさんあるから、トレーニングした方がよくてね。

 

ポイントは自己開示力。

 

ブログ云々の前に、人前で自分のことをどれだけさらけ出せるかがめちゃくちゃ大事。

これ、2年くらい前までできなかった頃、先生に自己開示しろってめっちゃ言われて渋々やってった。

 

こんなことしても意味あるんか?って思いながら。でも言われたことはやるって決めてたから言われたとおりやった。

人に言ったことないこととか、数人の前で全部さらけ出した。

そしたら、なぜか不思議と楽になった。しかも思ってたよりみんなからの反応が普通やった。

引かれるかな?とか、どう思われるか?って気にしてたけど、なんてことなかった。

 

そっから、少しずつ、セミナーや身近な仲間に自己開示するようにクセづけしていった。

そうしたら、気づいたらいつでもできるようになったし、隠すことなんかなくなってった。

どんな自分を知られたって別になんてことないな~と。

 

そこから、少しずつ、SNSでの発信でもそれを実践していった。

まずは自分の写真とか。

ビジネスマンっぽくスーツ着ている写真とかをアップしてたのが、

普段からいつでもアップするとか、海外旅行で遊んでフザケてる写真、

 

更には、こんなこと言ったらどう思われるか?とかいうちょっと癖のある内容のブログ。

 

例えば、自分の好き嫌いをハッキリ主張する情報。

特に自分が嫌いな部分。

 

 

タバコがキライ

ブスがキライ

ダサい男がキライ

 

こういうのを少しずつ言っちゃうことで、だんだんどう思われるか的な感覚が麻痺していく。

しかも、そういう癖のあるブログの方がファンがついたり、読んでくれる人が多くなっていく。

 

ただ、それと同時にやっぱり、不安とかも残るわけよね。

どう思われるか?って。やってるうちに麻痺していくし、そういう不安は減っていくんだけどね。でも完全には払拭できない。

 

だからあとは、マインドセットして自己暗示よ。

 

「俺の考えがキライなやつは、俺の前から消えてくれ!」って笑

メルマガなら「嫌ならさっさと解除してくれ!」みたいな。

 

「俺は俺の世界観に共感したり、理解してくれる人を大切にするし、それ以外の薄っぺらい付き合いは必要ない」ってね。

だから消えてくれたほうがいいし、俺の価値観に合う人は応援してくれるし。

 

そういう世界で生きたほうが面白くないか?と。

 

これをね~常にマインドセットすることで自分に暗示をかけて、「どう思われようがどうでもいっか」ってなる。

どれだけ人が離れていっても、ホンキで信頼してくれているヤツが近くにいるからそういうヤツをホンキで大切にしたほうがいい。

薄っぺらい付き合いで無駄な時間を使うなら、互いに信頼し合える仲間のために時間つかった方がいい。

 

信頼関係は何よりも財産になるからね。

お金より時間より、信頼し合える仲間の方が価値がある。

 

話が脱線しまくってるけど、そういうこと。

そうやって思ってたらだんだん情報発信は好き勝手書いたらいいってなっていくからね。

ブログやメルマガはタダなわけだし。

 

相手目線のコピーライティングも大切だけど、自分目線のプロダクトアウトありきで考えた方がいい。

どっかで見たことあるLPやコピーライティングが横行してるけど、何の面白みもないからやめたほうがいい。

自分が信じていること、自分が大切にしていること、自分が考えていること、をもっともっと発信していったらいい。

相手から見える自分を彩るんじゃなく、自分の内面から出る言葉や考えを信じる。

答えは自分の中にしかないからそれを信じるしかないし、それが答え。

 

誰にどう言われようと、自分が決めたことを信じる。

 

俺はそれが正しいと信じている。

 

武田紘志

追伸
もっと詳しく聞きたければ・・・これに来て
⇒ http://takedajuku.com/lp/leader4kyos/

- 追伸 -
↓【期間限定】オンライン勉強会開催中↓

↓メルマガ「俺の人生戦略会議」配信中↓

↓最新動画配信中↓

PAGE TOP