ちゃんとしろよ!!!!


僕はリーダーの役割をすることが多いので、
他者に対して指示をしたり、
教育をしなければならないときが、
多々あります。

そして
”これは相手のために伝えなければならない”
”厳しいことを言わなければならない”
そういう時、多かれ少なかれ、
あなたにもあると思います。

 

先日、高校の親友(会社員)に
「部下の成績を上げたい。
厳しくいわなければならないんだけど
彼に響いて、素直に聞き入れされ、

そして行動してさせるためには
どうしたらよいか?」
と、聞かれました。

 

ここでまず、大前提として、
気をつけておかなければならないことがあります。
(まぁそれがすべてなのですが・・・)

男性なら特になのですが・・・

 

「その伝えようとする行動は100%、
愛からくるものなのか?」
「要は100%相手のためにする行動なのか?」

を常に確認すること。

会社という枠組みを超えて、
相手のためになっているか??

 

男性は競争本能が強い生き物なので、
自然と相手を負かそうとします。

なので無意識に
「相手のためを思って」とか言いつつ
実は、相手をマウントし、
自分の優位性を示す行動だったりします。

全く尊敬できない、
イケてない上司とかに多いですよね、
こういう人。

でなければ「ちゃんとしろよ!!!」
なんていう場面なんてないですよね。

自戒も込めて…気をつけよ…汗

 

そうではなく、この言葉は、
100%相手のためなのであれば、
思うまま伝えて見ましょう。

 

そして普段からこういうことに常に
意識をし、相手のことを本気で想っていれば、
どんな言葉でも相手は受け入れ、
素直に聞いてくれるでしょう。

追伸
クレイジーのクレイジーによるクレイジーのためのクレイジーな起業準備マスター講座のご紹介
⇒ https://goo.gl/K9SpkD

- 追伸 -
↓【期間限定】オンライン勉強会開催中↓

↓メルマガ「俺の人生戦略会議」配信中↓

↓最新動画配信中↓

PAGE TOP